雑草観察ノート

雑草と呼ばれる植物が好きな素人が身近な動植物について調べたことを記録していきます。図鑑の1セクションから1枠程度のまとまりを目指しています。投稿してからも見直す方針です。

水田雑草(コナギ、チョウジタデ属草本、ヒメミズワラビ)

水田雑草(コナギ、チョウジタデ草本、ヒメミズワラビ)。2019年9月上旬。


コナギ。葉の形は多様らしいですが、この個体は先端の尖ったハート形(心形)、一部が被針形で同じミズアオイ科のホテイアオイとよく似ています。心形の特徴として葉基部が広がって葉柄を挟んでいます。


チョウジタデを疑うチョウジタデ草本


ヒメミズワラビの水上葉(栄養葉および胞子葉)。幅広で柔らかな印象の葉が栄養葉、細長く硬い印象の葉が胞子葉。

ニジゴミムシダマシ

切り倒された幹の上にいたニジゴミムシダマシを疑う昆虫。2019年7月中旬撮影。

典型的なテントウムシ型で基本の色は黒。縦筋も明瞭。光が当たるとタマムシのように輝きます。翅に写っているのはカメラのディフューザー

キソウメンタケを疑う突起物

切り倒された幹から伸びていたオレンジ色の突起物。キソウメンタケを疑う。2019年7月中旬撮影。

虫卵にしては幹と馴染んでいるので真菌を疑いますが、知識不足で詳細は分かりませんでした。名前と形態からはキソウメンタケが近い気もします。