雑草観察ノート

雑草と呼ばれる植物が好きな素人が身近な動植物について調べたことを記録していきます。図鑑の1セクションから1枠程度のまとまりを目指しています。投稿してからも見直す方針です。

ジャゴケ科の葉(葉状体)

PC020541

ジャゴケを疑うジャゴケ科植物(Conocephalum sp.)の葉(葉状体)。2018年12月上旬撮影。

ジャゴケ科はゼニゴケ目に含まれ、葉と茎が区別できない葉状体(thallus)という形態を取ります。平地では濃緑色の扁平な葉状体が頻繁に分岐して、一部重なりながら地面を覆うように増えていました。

背面(地面の反対側)は光沢のある緑色で、溝により網目状の多角形に区画されます。正面から見ると区間の中央には白色透明に盛り上がり中央がくすんだ緑色の構造があります。この白色透明隆起は気室と呼ばれ、くすんだ緑色の部分は円形の穴が開いており気室孔と呼ばれます。

このジャゴケの仲間は気室という複雑な構造を持つこと(など?)から複雑葉状性(complex thalloid)とされます。

上からの写真は見た目きれいですが隆起が隆起と分からないので、次は横から撮影しようと思います。

PC020533

葉状性(thalloid) 単純葉状性(simple thalloid)
複雑葉状性(complex thalloid)